top of page

組織改革について真剣に考える時期(動画編)

コロナ禍以前と以後では、世のなかの様子が随分と変わってしまった。

コロナ禍以前もいつかはそうなると懸念されていたことなのだが、ここのところ益々顕著になってきた。それに伴い、企業経営の考え方も必然的に変わらざるを得ない。そこで今日は、企業経営の転換についてわかりやすく解説する。



これからお話することは、会社のすべての業務に影響を与えてる。

「1.生産労働人口の減少」「2.経済成長の停滞」「3.人材の高齢化と業務の属人化」「4.生産性の低下」などだ。そして、これに付随して、社内会議が増えて、同時に会議資料の作成も増える。さらに、情報共有のデータ量も増える。このような悪循環をきたしている。業績が落ち込んだり、先行きが不透明だと、どうしても会議が増えるのが日本企業の特徴だ。



ドラッカーは「経営者の条件」という著書で、

==================================

理想的に設計された組織とは、会議のない組織である。

誰もが仕事をするために知るべきことを知っている。

みなが仕事をするために必要なものを手にしている。

==================================

と述べている。さすがドラッカー、的を得た意見だ。



恐らく経営者の95%は、会議はしなければいけないという思い込みに縛られている。

そして、会議こそが業績を伸ばす源泉だという大きいなる勘違いをしているかもしれない…。



ドラッカーは、会議のルールとして、

=========================

1.目的の明らかでない会議は開かない

2.出席者の数を減らす

3.会議の時間を短くする

=========================

と言っている。



営業チームとして大至急考えなければいけないことは、このような現状を踏まえて「少数精鋭の高収益な営業チーム」を構築することだ。



続きはYouTubeチャネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page