経営理念が必要な5つの理由!

経営者であれば、「経営理念」という言葉の意味をご存知だと思いますが、創業間もない経営者や若い経営者の中には、知らない人もいると思います。 また、経営理念という言葉を聞いたことがあっても、何のために経営理念があるのかを知らない人も多いと思います。

そこで今日は、経営理念の目的や意味についてわかりやすく解説します。

まず、経営理念の意味ですが、経営者の哲学や信念に基づき、企業の根本となる活動方針を言葉にしたものです。 また、経営理念は企業が最終的に目指す理想像を明文化したものでもあります。 経営者として一人の人間として、創業時には熱い想いがあったと思います。 このような企業経営の根幹になる想いを言葉にしたものが経営理念です。

また、最初はお金を儲けたいという想いで創業しても、企業経営を続けていくうちに、お金以外のものが見えてきます。 たとえば…

============================

●会社が社会に貢献できるものは何か?

●会社が目指す理想の姿とは何か?

●お客様にどうなってほしいのか?

============================

お金儲け以外にも、このようなことを考える始めるのが、真っ当な経営者です。 そして、経営者として成長している証です。 このように経営理念は一見、綺麗ごとのように聞こえますが、綺麗ごとでいいのです。 企業の現在の姿ではなく、在るべき理想の姿ですから、どうしても綺麗ごとになってしまいます。 その綺麗ごとを実現しようとするから、世の中が良くなっていくわけです。

では、経営理念を創る目的は何でしょうか?

会社は様々な人が集まって、仕事をする集団です。

もし、経営理念がなければ、社員一人ひとりがバラバラの方向を向いて仕事をすることになります。 ですが、経営理念を創ることによって、自社の存在意義を全社員で共有することができます。 その結果、組織に一体感が生まれ、チームワークを醸成することができます。

また、経営理念を社外に発信することで、社会的信用を得ることが可能です。 金融機関から信用を得ることはもちろんのこと、顧客からも信用を得ます。 そして、採用も優位に進めることが可能です。 経営理念に共感してもらうことができれば、給与や休日、福利厚生などの条件だけで求人に応募してくる人が減ります。

経営理念に共感してもらえれば、仕事のやりがいにも繋がります。 このように、経営理念を発信すると経営理念に共感する人を呼び寄せます。

三番目は、社員のモチベーションやエンゲージメントを高めることができます。 経営理念を社内に浸透させることによって、社員の仕事に対して誇りを持つようになりますので、必然的にモチベーションは高くなります。

四番目は、会社の目指すべき理想像が明確になれば、意思決定に迷った時、経営理念に照らし合わして、どのような判断をすればいいのかが明確になります。

五番目は、経営者が変わっても経営者の哲学や想いを引き継ぐことができます。 創業者である圧倒的カリスマ経営者がいなくなっても、その意思を引き継ぐことができます。

反対に経営理念がないと、「モチベーションの低下」「社員の気持ちがバラバラ」「社内の人間関係の悪化」「採用の失敗」「業績の悪化」など、ネガティブな現象が顕著になってきます。 経営理念は創っただけではお題目ですが、社内へ浸透させることができれば、鬼に金棒です。 ●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

モチベーションの高い組織づくりの第一歩!(動画編)

経営者であれば、モチベーションの高い組織づくりは、 経営課題に必ずランクインしています。 結局、社員のやる気やモチベーションが業績を左右するといっても過言ではないからです。そこで今日は、モチベーションの高い組織を作る第一歩をわかりやすく解説します。 今から25年前、私はある酒造メーカーの社長に手紙を書きました。 この企業が開発したある日本酒がとても美味しく、すっかりファンになったからです。 その思