経営理念の効果とは?(動画編)」

更新日:2021年8月20日

経営理念の重要性を説く、経営者は年々増えてきました。 ミッションという言葉を使う経営者もいますし、

ミッション+ビジョン+バリューの3つを総称して経営理念と呼んでいる人もいます。


そこで今日は、経営理念の効果についてわかりやすく解説します。



経営理念の話題になると、 事例として取り上げられるのが「三人のレンガ職人の話」です。

これは、イソップ寓話です。



世界中をまわっている旅人が、ある町外れの一本道を歩いていると、

一人の男が道の脇で難しい顔をしてレンガを積んでいた。

旅人はその男にこう尋ねました。



「ここでいったい何をしているのですか?」と。

「何って、見ればわかるだろう。レンガ積みに決まっているだろ。  朝から晩まで、俺はここでレンガを積まなきゃいけないのさ。  あんた達にはわからないだろうけど、暑い日も寒い日も、風の強い日も、  日がな一日レンガ積みさ。腰は痛くなるし、手はこのとおり」。



男は自らのひび割れた汚れた両手を差し出して見せた。

「なんで、こんなことばかりしなければならないのか、まったくついてないね。  もっと気楽にやっている奴らがいっぱいいるというのに…」。

旅人は、その男に慰めの言葉を残して、歩き続けました。



少し歩くと、一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会った。 先程の男とは違い、辛そうには見えなかった。 旅人は同じように尋ねました。

「ここでいったい何をしているのですか?」と。


続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

コロナ禍以降、社会のあらゆる価値観が大きく変わりました。 恐らく、100年後や300年後に今の時代を振り返ると、歴史上稀に見る大変革時代と形容されると思います。私たちは今後の人類史に於いて、重大な局面を生きていると言っても過言ではありません。もちろん、組織の役職における役割も大きく変化しています。そこで今日は、コロナ禍以降求められる能力についてわかりやすく解説します。 コロナ禍以前から、不確実性の