top of page

結果よりも 大切なことがあります!(動画編)

更新日:2020年9月12日

先日、従業員約50人のある企業の経営者と商談させていただきました。

新型コロナウイルスの緊急事態宣言も少し緩くなった矢先でした。

それでもこの企業は、入口でアルコールによる手洗い、受け付けでは体調や体温について異常がないかチェックされました。

初めてお伺いしたのですが、しっかりした企業だという印象を受けました。



この日の訪問目的は、オンライン営業の導入と構築について商談をさせていただきました。

多くの営業マンを抱えていると、営業コストが目に付きます。

新型コロナウイルスで訪問などのアナログ営業ができなくなると、いかに多額の営業コストをかけていたのかがよくわかります。

弊社もそうです。



私は毎月の高速代だけで7~8万円もかかります。

4月からはほとんど高速を利用していないので、ガソリン代の含めると月13~14万円も節約になったということです。

さらには、自動車を運転して仕事ができない時間がまったくなくなったので、この時間を使って仕事ができるようになりました。



このように、営業活動すべてでなくても50~60%をオンライン営業にすることによって、大幅に営業コストの削減に成功します。

これだけでも、オンライン営業を導入する意味があります。

また、働き方改革にも寄与しますので、企業にとっても従業員にとっても大変良いことだと思います。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Comments


bottom of page