自分を変える鍵は「無意識」(動画編)

更新日:9月4日

「潜在意識」という言葉を聞いたことがあると思います。 潜在意識とは、過去の経験などによって無意識のうちに蓄積された 価値観、習慣、思い込みから形成された自覚されていない意識のことです。

自覚しているのは顕在意識と言います。

この潜在意識を書き換えることができれば、 私たちは考えられないような力を発揮することができると言われています。



そこで今日は、潜在意識についてわかりやすく解説します。



先日、梯谷幸司(はしがい・こうじ)さんの「なぜかうまくいく人のすごい無意識 」 という本を読みました。

梯谷さんは、人間心理、言語心理学、催眠療法、NLP(神経言語プログラミング)などの 分野で、世界的な専門家に師事し、30年以上の歳月をかけて科学的手法に基づいた 独自の成功理論「梯谷メソッド」を確立した人です。



夫婦問題からうつ病患者、経営者、アスリートに至るまで、

クライアントの抱える先入観や思い込みを素早く特定し、

脳の95%を支配する潜在意識をフル活用させ、精神的、身体的苦痛を伴わずに、

のべ4万8000人のセルフイメージを変革してきた人です。



潜在意識を捉える非常にわかりやすい事例があります。

目の前にペンがあります。

あなたはこのペンを持とうとします。

この時のプロセスは、

①ペンを持つ意思→②ペンを持つ脳内の準備→③脳から身体の各部位へ指令

→④ペンを持ったという感覚、のようになると思われていました。


自分にペンを持つ意思がなければ、何も始まりませんよね。

そう考えるのが一般的ですが、梯谷さんはこれに一石を投じます。

梯谷さんによれば、

①ペンを持つ脳内の準備→②ペンを持つ意思→③ペンを持ったという感覚

→④脳から身体への各部位へ指令、のようになると言うのです。

ペンを持つ意思ではなく、ペンを持つ脳内の準備が最初なのです。

理解に苦しむ人もいるでしょうが、これが最新の無意識の研究です。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

6回の閲覧