top of page

自社の強みを伝えていますか?(動画編)

「御社の強みは何ですか?」。

こう質問されて即答できる人はすごいと思います。その理由は、ほとんどの中小企業がこの問いに即答できないからです。そこで今日は、自社の強みについてわかりやすく解説します。



最近、気づいたことなのですが、営業マンが商談の際、特に初訪での商談では自社の紹介をします。多くの場合、会社案内のパンフレットを広げてこと細かに説明をはじめます。初訪なので自社のことをしっかりと伝えなければいけない、という意識が強く働いているのでしょうが、これほどつまらないことはありません…。これが現実です。



ですから、自社紹介は長々と伝えるのではなく、シンプルにわかりやすく、手短かに伝えると訴求力が増します。



私の営業スタイルは、商談の冒頭でひとことだけ自社紹介をします。

「弊社は法人営業専門のコンサルタント会社です。新規顧客開拓の効率的かつ効果的なやり方を御社にインストールします!」、これだけです。



商談相手から、「それだけではわからない」「もっと詳細を説明してほしい」などと言われたことは…、一度だけありました。ある商社と初めての商談をしたとき、ひとこと自社紹介をしたところ、「ちゃんと説明しないのは失礼だろう!」といわれました…。正直なところ驚きましたが、それもそうだと反省して、しっかりと説明したところ納得していただけました。



先日、あるクライアントの営業マンのロープレをおこなっていたところ、あることに気づきました。これは、このクライアントだけではなく、多くの営業マンにも当てはまることを発見しました。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

法人営業のコンサルティングをおこなっていると、クライアント先の営業マンから質問されることがあります。そのなかでも多くの営業マンが気になっていることは、「商談の途中で顧客から金額を聞かれたらどうしたらいいのか?」という質問です。 通常商談は、顧客の現場を確認して、困りごとを明確にすることからはじめます。 次にその困りごとをほっとくと、どのようなリスクがあるのかを伝えたり、困りごとを解消したらどのよう

bottom of page