良い社風、悪い社風…社風を作るのは誰だ?(動画編)

仕事柄、様々な業種・業態の企業にお伺いします。 企業には、その企業特有の文化や社風とがあります。 もっとわかりやすく言えば、社内の雰囲気です。



そこで今日は、社風についてわかりやすく解説します。



社風とはひとことで言えば、「その企業の持つ独特な雰囲気」ということです。 企業の歴史や組織の人間関係、仕事のスタイルなどを通じて、 社員一人ひとりが感じている主観的なものです。

そして、社風はあくまでもその企業で働く人の主観なので、良し悪しではなく、 働く人の感覚に合う、合わないというものです。



社風が手に取るようにわかるのが、「飛び込み営業」です。 }当社はコロナ禍以降、ずっとやっていませんでしたが、 それまでは飛び込み営業を定期的に行っていました。

飛び込み営業ですから、まったく面識のない会社をアポイントなしで訪問します。



飛び込み営業をされた企業は、突然の出来事なので面食らったような顔をする人が

非常に多くいます。

見ず知らずの人が突然訪問してくるのは、守備本能が働くという証です。

大袈裟に言えば、見ず知らずの人が自宅に土足に上がってくるようなものです…。

飛び込み営業している立場としては、相手の反応を見ると、

何となく社風や文化を垣間見ることができます。



今から数年前のことですが、ある商社を訪問しました。

玄関を入り、少し大きな声で… 「お世話になっております。株式会社リンケージM.Iコンサルティングの  長谷川と申します。本日、午後2時にK部長とお約束をしております。」 と伝えました。



目の前のデスクで仕事をしていた5人の女性社員は、 チラリともこちらを見ることもなく、完全無視です。

戸惑っていると、奥の方からK部長が小走りでやってきました。

完全無視という対応をされたのは生まれて初めてだったので、

正直なところ大変驚きました。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

3回の閲覧