top of page

話す時の「あのー」「えー」が気になる(動画編)

更新日:2023年9月22日

今日の話題は、営業マンはもちろん、人前で話をする経営者やリーダーには大きく関わることです。他人の話を聞いていると、「あのー」「えー」「えっと」などが気になることはありませんか?そこで今日は「フィラー」についてわかりやすく解説する。



口癖になっている人は、「あのー」「えー」「えっと」から話がはじる。

このような意味のない発音を専門用語で「filler(フィラー)」と呼ぶが、アナウンサー

など、話し方の専門家からすればフィラーはコミュニケーションには無駄だと言うだろう。このような指導をされた人も多いと思う。



たとえば、「電話対応を指導された時に“えーっと”、って言うのはやめなさい」と言われた。「企業のオンデマンドセミナーなどは、一回収録してからフィラーを取りたがる」など、「フェラーはいけない!」という価値観を持っている人たちも多い。これが現実だ。



その反面、実は円滑なコミュニケーションの手立てをしているとも言われている。

たとえば「“えーっとですね”と言われると聞き手の心構えを作れる」「これから私が話しますよという合図になる」「“あー”“えー”から始めるのは“今から発言しますよ”的な感じで電話で言う“もしもし”と同じような気がする」「話しかける時“○○さん、あのー”とか、名前を呼んだ後にワンクッション入れた方が相手のリアクションがいい」「一流の落語家を聞いてると結構“え~”って言っている。心地良いリズムを産んでることもある」などだ。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Comments


bottom of page