買い手の常識、売り手の非常識(動画編)

商品は時々、マイナーチェンジを行います。

マイナーチェンジとは、商品の細部の小規模な変更のことを言います。

たとえば、食品であれば、成分を少し変えた、パッケージの細部を変更したなどです。

商品それ自体に大きな影響がないので、下手をすると気づかれないこともあります。



ところが、企業側はマイナーチェンジだと思っていても、

顧客側はフルモデルチェンジに近い、大きな変更と感じていることもあります。



そこで今日は、売り手と買い手の価値観の違いについてわかりやすく解説します。



商品開発を行なっているメーカーは、定期的にマイナーチェンジをおこないます。

一番わかりやすい事例は、原材料費の値上げです。

原材料費が値上げになると、販売価格に大きな影響を与えます。

そうなると、中身を変えずに価格を値上げするのか、

中身を減らして価格を据え置きにするかの二者択一になるケースがほとんどです。

後者の場合もマイナーチェンジに含まれます。



このように、マイナーチェンジといえども、

売り手の立場になると命取りになる場合があります。

特に、価格はナーバスです。

ですから、リサーチを行い慎重に行うのが一般的です。



ここで一番の問題は、マイナーチェンジの認識の違いです。

売り手は大して販売数に影響のないマイナーチェンジだと思っても、

買い手はほかのメーカーの商品に変えるほどの重要な問題だったりします…。



妻が数年前から「クロスワードパクロス」という月刊誌を定期購読をしています。

クロスワードパクロスとは、読んで字の如くクロスワードパズルの専門誌です。

私はクロスワードパズルはやりませんが、

年に何回か妻がやっているクロスワードパズルの問題を見ると、

専門的で高度な問題が数多く掲載されています。

さて、クロスワードパクロスという月刊誌ですが・・・



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be