想像以上!超高齢社会の実態とは?(動画編)

更新日:2021年9月13日

日本は高齢化社会ではなく「超高齢社会」です。

高齢化社会とは人口に占める65歳以上の高齢者の割合が7%を超えた状態です。 高齢社会とは14%を超えた状態、超高齢社会は21%を超えた状態です。 日本は2007年に高齢化率が21%を超え、超高齢社会に突入しました。


高齢化率の世界のトップ3は、 日本が27.05%、イタリアが23.02%、ポルトガルが21.5%となっています。 ダントツで日本がトップです。



そこで今日は、地方における超高齢社会の実態についてわかりやすく解説します。



先日、クライアント先の営業パーソンに同行させていただきました。 約5時間にわたり25件程の既存顧客を訪問しました。

このクライアントはリフォーム会社で、顧客は一般消費者です。

既存顧客へのアポなし訪問だったので、不在率も高いと思っていましたが、

在宅率は40%程度だったと思います。

つまり10件です。



クライアントからは高齢の既存顧客が圧倒的に多いという話は聞いていました。

特徴としては、おばあちゃんです。

1件目は77歳の一人暮らしのおばあちゃんでした。

息子さんと娘さんは独立して、別居しているそうです。

まだまだ、元気いっぱいで話好きの人でした。

玄関先で話をしていると、キッチンの水栓の調子が悪いので見ていってほしい

ということで、おじゃましました。 続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

コロナ禍以降、社会のあらゆる価値観が大きく変わりました。 恐らく、100年後や300年後に今の時代を振り返ると、歴史上稀に見る大変革時代と形容されると思います。私たちは今後の人類史に於いて、重大な局面を生きていると言っても過言ではありません。もちろん、組織の役職における役割も大きく変化しています。そこで今日は、コロナ禍以降求められる能力についてわかりやすく解説します。 コロナ禍以前から、不確実性の