top of page

転職を繰り返して理想のキャリアを手に入れる!(動画編)

更新日:2020年11月6日

自分の人生をどう生きるか?

右肩上がり時代と現在では、仕事に於けるキャリアの考え方もまったく違います。

「年功序列」「終身雇用」など戦後できた制度も崩壊している昨今、今日は時代に合致したキャリアについてわかりやすく解説します。



キャリアはよく耳にする言葉ですが、一般的には仕事・経歴・就職・出世などのイメージで使われることが多いようです。

参考までに、厚生労働省が提唱している「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」の報告書には、「時間的持続性ないしは継続性を持った概念」として定義されています。まったく意味不明ですね…。



噛み砕いて説明すると、働くことに関わる継続的なプロセスと、働くことにまつわる生き方そのものを指しています。

つまり、「キャリアを積む」と言った場合、この仕事の経験を積むということだけではなく、仕事の上で身につけていく技術・知識・経験に加え、人間性を磨いていくこと、さらにはプライベートも含めた自分自身の生き方を磨いていくことです。

仕事を通じて、プライベートや人生を輝かせることも含まれるということです。



私が20歳の頃、高校や大学を卒業する新卒者で就職しない人はいませんでした。

私の周りで就職しなかったのは私だけでした。

フリーターのはしりといえばカッコイイですが、当時は社会の落ちこぼれと思われていました…。



さて、時代は大きく変わり、ひとつの企業に定年まで勤めるというキャリアではなく、いくつもの企業に勤めてキャリアを重ねるという人も多数登場してきました。

ですが今でも、転職を重ねている人は就職の際に不利に働く場合が多いようです。

つまり、日本ではイメージが悪いということです。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

商談が上手くいく、上司からの質問とは?(動画編)

弊社は、クライアントの営業マンに同行して商談に同席する。 また、毎朝の社内で実施されるロープレにも同席する。同業コンサルタント曰く、そこまでやらなくても…と言う。しかし、コンサルタントが中途半端な関わりをすると成果は出ない。そこで今日は、同行営業、同行商談についてわかりやすく解説する。 ロープレは上手にできても、本番である商談ではなかなか上手くいかない営業マンは多い。練習と本番は違うし、相手がどう

Comments


bottom of page