辞表が相次ぐのはなぜか?(動画編)

会社が急激に成長すると、必ず問題が起こります。 急激な成長は働く環境も仕事量も大きく変わります。

結果、離職する社員が相次ぎます。

そこで今日は、離職が相次ぐのはなぜかをわかりやすく解説します。



たとえば、社員10人で年商3億円の会社があったとします。

わずか半年で売上が2倍の6億円になりました。

社員は「忙しい!」「こんなことがいつまで続くんだ?」と悲鳴をあげます。

そりゃそうです。売上が2倍になったにも関わらず、社員の数は同じでは疲弊します。

しかも、求人はしているものの、まったく応募はない…。



昔のことになりますが、テーラーという人がいて、

ある工場に管理手法を導入したところ、生産性が3.7倍になったという事例もあります。

ですから、「今までの2~3倍働けるだろう!」という経営者の理屈もわかります。

今までが楽だったんだと!

ここまでは経営者の理屈です。



ところが社員は、

「給料も上がらないのに2倍働け」

「ブラック企業だ」

「働き方改革に逆行している」

と思っています。



つまり、今までと同じ給料ならば、仕事は楽の方がいいし、

仮に給料が上がってもできるだけ楽な方がいいわけです。

これが社員の本音です。

ましてや同じ給料で2倍働くなんてのは、もってのほかです…。

これが、経営者と社員の温度差です。



この温度差を理解できない経営者もいます。

「いつまでこの忙しさが続くのかわからない」

「社員も増えない」

「給料も上がらない」

「こんな酷い会社辞めてやる!」

と思う社員がいても何ら不思議ではありません。



続きは、下記のYouTube「社長の大学」をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示