運がいい人9つの特徴!(動画編)

更新日:8月2日

「運がいい」とか、「運が悪い」とかを気にするのが人間です。 運は目に見えるものではないので、掴みどころがないというのが本当のところです。



そこで今日は、運についてわかりやすく解説します。



Wikipedia(ウィキペディア)によれば、運とはその人の意思や努力では どうしようもない巡り合わせを指すとあります。 また、運が良い(幸運・好運)とは到底実現しそうもないことを、 偶然実現させてしまうことなども指し、運が悪い(不運・悲運)とは、 楽しみにしていた旅行の当日に発病してしまうことなどを指すともあります。 占いや、神社・寺院のおみくじは、この運を予言する力があるとされています。



いずれにせよ、運とは自分ではコントロールできないもののようです…。 やはり運は、偶然なのでしょうか?



運に関しては諸説ありますが、意志の力や祈りで運(幸運・不運)を変更できる とする主張も多くあります。 歴史上数多くの実験が繰り返されており、アメリカのカジノでは 常に情報を集計しています。

運を変更したり、コントロールできればいいのですが、 このようなことが可能であるとする証拠は一切ありません。



また、拡大解釈すると人間の一生の運勢が生まれた時に決まっているのか、 それとも生まれた時に大体の運勢は決まっていて細部で運勢が上下するのか、 運勢が決定されるメカニズムなどは、よくわかっていないのが本当のところです。


ある人に言わせると、運を受け取るには人間としての器の大きさが必要だということです。そして、器の大きさは努力の成果で計ることができます。

たとえば、マーケティングの担当者が「もっと会社の売上に貢献したい」と、 セールスの勉強を始めました。 そして、営業パーソンとして営業活動をやりました。 そうすると、セールスもできるマーケティング担当者となり、 運を受け取る器は広がったことになります。



なぜならば、マーケティングとセールスの両方をマスターした方が、 仕事を受注するチャンスが広がるからです。

さらに、商品開発など、直接的に売上や利益に影響を与えるスキルを 身に着けることにより、どんどん器は大きくなり、活躍できるチャンスは増えていきます。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

4回の閲覧

最新記事

すべて表示