top of page

運が悪い時の特徴とは?(動画編)

「運が良い」とか「運が悪い」などと言うが、とかく日本人は「運」を気にする人種だ。そこで今日は、運についてわかりやすく解説する。



運は非常にわかりにくい言葉だ。

運の意味を問われて、即答できる人はごくわずかだと思われる。一般的なイメージとしては、自分でコントロールできない何かが働き、物事が上手くいったとことを思い浮かべる人が多いだろう。ポイントは、自分ではコントロールできない要素が働いたことで、これに関してはどうしようもないと思ってる人も多い。



気になったので、運の意味を調べてみた。

Wikipediaによると「運とは、その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせを指す。運が良い(幸運・好運)とは到底実現しそうもないことを、偶然実現させてしまうことなどを指す。運が悪い(不運・悲運)とは、楽しみにしていた旅行の当日に発病してしまうことなどを指す。占いや、神社・寺院のおみくじは、この運を予言する力があるとされる。」とある。



もし、運を良くすることが自分の努力でできるとしたらどうだろうか?運を良くするためのノウハウを学びたいという人もいるだろう。ただし、運は目に見えるわけでもないし、手で掴むこともできない。雲でもつかむような話だ。しかし、運を良くする技術はある。大きく分けると「①自分の考え方や捉え方を変える」「②環境を変える」ことだ。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓


●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:5回

Comments


bottom of page