適材適所はこの発想に学べ(動画編)

人間は一人ひとり性格も違いますし、価値観も違います。戦後から続く日本の義務教育は、生徒一人ひとりの能力や才能を無視して、画一的な教育を行なってきました。そこで今日は、適材適所についてわかりやすく解説します。



法隆寺専属の宮大工棟梁として有名な「西岡常一(にしおか・つねかず)さんは、数々の寺院の再建に携わりました。プロジェクトXでも紹介されたので、ご存知の方も多いと思います。



西岡さんは、宮大工としての経験を後世に伝えています。

たとえば…



==========================================================

法隆寺が千年の歴史を保っているのも、みなクセ木を上手に使って建築しているのです。

==========================================================

木組みは木の癖で組め。癖のある木は厄介。

しかし、右にねじれた部材と、左にねじれたものと組み合わせれば、強靱な力が生まれる。

==========================================================



続きはYouTubeチャンネルをご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


閲覧数:3回