集中力を高めるにはキッチンタイマーを使え!(動画編)

更新日:2021年8月7日

経営のヒントをわかりやすく解説する社長の大学、 株式会社リンケージM.Iコンサルティングの長谷川博之です。



ビジネスをはじめとして、成果を出すことを目標にしている活動は「集中力」を

問われることがあります。



そこで今日は、集中力についてわかりやすく解説します。



いかにして集中力を高めるかは、人間の永遠のテーマかもしれません。

参考までに集中力とは、ひとつの事柄に注意を集中して物事に取り組む能力のことを 言います。

ひとつの事柄というのがポイントです。

学業、仕事、スポーツなどのあらゆる場面で集中力は重要な要素となっており、

集中力の有無が成否を左右するということも多々あります。



また、集中力を高めるには、食事に気を使い十分な栄養を摂取するとともに、

専門のトレーニングを行ったり、運動をすることも効果的であると言われています。

集中力が続かない原因としては、「ストレスがたまっている」「睡眠不足」

「集中できる環境ではない」など、様々なことが考えられます。



そこで、イタリア人のフランチェスコ・シリロが1980年代に考案した

「ポモドーロ・テクニック」を詳しく解説します。



参考までに、ポモドーロとは、丸いトマトの形状をしたキッチンタイマーから

つけられています。

ポモドーロとはイタリア語でトマトのことです。

ポモドーロ・テクニックは、間違いなく集中力を高めてくれます。

これは研究からも明らかになっています。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

コロナ禍以降、社会のあらゆる価値観が大きく変わりました。 恐らく、100年後や300年後に今の時代を振り返ると、歴史上稀に見る大変革時代と形容されると思います。私たちは今後の人類史に於いて、重大な局面を生きていると言っても過言ではありません。もちろん、組織の役職における役割も大きく変化しています。そこで今日は、コロナ禍以降求められる能力についてわかりやすく解説します。 コロナ禍以前から、不確実性の