top of page

離職率を下げる方法とは?(動画編)

中小企業の悩みのひとつに「社員教育」があります。 大企業は新入社員が入社すると、体系化された教育を実施します。また、外部講師によるワークショップ、OJTでの上司からのフィードバックなど、教育が充実しています。それに加えて、キャリアプランも明確ですから安心して働くことができます。一方、中小企業はそうはいきません…。そこで今日は、中小企業の社員教育についてわかりやすく解説します。



今、中小企業における最大の経営課題は、「採用」と「教育」です。

採用は、新卒と中途に分けられますが、なかなか応募がない中小企業が多いのが現実です。

弊社クライアントでは、事務職はすぐに応募があるが、管理職や営業職はまるで応募がないという会社が多くあります。



「リクナビ」「マイナビ」「インディード」「ハローワーク」「求人チラシ」「求人情報誌」など、あらゆる媒体を使って求人をおこなっている企業も珍しくはありません。参考までに、新卒採用1人にかかるコストは72.6万円、中途採用1人にかかるコストは求人広告で284.7万円、人材紹介で489.3万円です。



昔のようにハローワークに求人票を提出すれば2~3人から応募があり、そのなかから優秀な人材を採用できたなんていうのは過去の話です。今では、1年以上応募がない企業も珍しくはありません。最大の経営課題と言っている所以はここです。

さらに深刻な問題もあります。


続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

コロナ禍でオンラインコミュニケーションは、ごく一般的になりましたが、いまだにオンラインでは伝わらないと言っている人がいます。そこで今日は、オンラインで伝える技術をわかりやすく解説します。 最近つくづく思うことは、リアルコミュニケーションが一番伝わることは確かだということです。しかし、いまだにオンラインは伝わらないということを前提にコミュニケーションしている人がいるという事実です。時代は変わりました

bottom of page