top of page

電話は必要ですか?(動画編)

ここ数年、めっきり電話がかかってくることが少なくなりました。

固定電話から携帯電話に移行する時は個人の携帯電話に

ダイレクトに電話がかかってくるようになりましたが、

それ以降はショートメールやSNSでのコミュニケーションが増えました。



つまり、会話でのコミュニケーションから、

テキストでのコミュニケーションに以降したということです。

そこで今日は、電話は本当に必要なのかをわかりやすく解説します。



ビジネスに於いてここ数年の流れは、脱・電話です。

SMSやSNSなどでのやり取りが大幅に増えました。

具体的には、「LINE」「facebookのメッセージ」「ChatWork」などです。

スマホでも手軽に使えることが人気の要因だと思われます。



いつでも、どこでも、受信・返信できるので大変便利です。

そして、電話をかける際は予めLINEなどで

「本日○時に電話をかけてもよろしいでしょうか?」というメッセージをする人もいます。

それほどまでに、電話はハードルが高くなったということです。



その理由は、SMSやSNSに比べて相手の時間を奪うことになるからです。

もっとわかりやすく言えば、相手を拘束することになります。

電話をしている時は、ほかの仕事や作業がすべてストップします…。

また、電話の内容によっては、長電話になることも多々あります。

このような電話の特性を多くの人が不便だと思っているのかもしれません。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

法人営業のコンサルティングをおこなっていると、クライアント先の営業マンから質問されることがあります。そのなかでも多くの営業マンが気になっていることは、「商談の途中で顧客から金額を聞かれたらどうしたらいいのか?」という質問です。 通常商談は、顧客の現場を確認して、困りごとを明確にすることからはじめます。 次にその困りごとをほっとくと、どのようなリスクがあるのかを伝えたり、困りごとを解消したらどのよう

bottom of page