top of page

電話セールスこの手口に要注意(動画編)

コロナ禍以降、電話によるセールスが激増しました。

セールスされる側も慣れてきたので、断り方も上手くなっています。そこで今日は、電話セールスの手口についてわかりやすく解説します。



まずはアメリカの事例です。

各種デジタルセールスツールを開発する「InsideSales.com」が1万件を超す法人ユーザーによって、2018~2020年にかけて見込客開拓のためにコールされた電話を匿名データとして、約3000万件の記録を分析しました。



これによると、営業対象となる担当者へのコンタクトに成功する確率は約30%で、午後よりも午前の方がコンタクト率は10~15%高いことがわかりました。週の前半(月曜、火曜)は、後半と比べてコンタクト率が高く、金曜の午後は1週間の中で最も成果が低いこともわかりました。



このようなデータを活用して、電話かける時間帯を最適化するだけでも、セールスの成功確率は格段に向上します。詳細のデータは以下の通りです。



詳しくはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Comments


bottom of page