非常識な創業社長の特徴とは?(動画編)

社長、特に創業社長は非常識な人が多い…。

非常識というのはいい意味で使っているので、誤解しないでください。

常識では計り知れない発想と行動力があるということです。



ですから、ごく常識的な一般人の感覚では理解できないことが多々あります。

そこで今日は、社長の特徴をわかりやすく解説します。



私は、4つの経営者団体に加入しています。

千人近くの経営者と直にお話をさせていただきました。

創業者なのか、後継者なのかは、その人の雰囲気でおおよそわかるようになりました。



創業者はエネルギーに溢れていますが、後継者は人当たりはソフトな人が多いようです。

また、創業者は「俺についてこい!」的なブルトーザーのような人が多く、

後継者は興味が社内の整備に向いているため大人しい雰囲気です。

誤解のないように言っておきますが、どちらが良い悪いではありません…。

創業者には創業者の良いところがありますし、後継者には後継者の良いところがあります。



一体、日本には経営者が何人いるのだろうと調べたところ、

2019年のデータですが日本には会社が420万社あります。

つまり、420万人の社長がいることになります。

いくつかの会社の経営者を兼ねている人もいるでしょうから400万人程度かもしれません。

人口は1億2千万人程度なので、おおよそ30人に1人が経営者だという計算になります。



さて、創業社長はなぜ創業したのでしょうか?

起業するきっかけは、大きく分けて4つあるそうです。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示