top of page

顧客のタイプを知ると受注率が高くなる(動画編)

更新日:2023年6月3日

人間にはいくつかのタイプがある。このような話で一番有名なのは「血液型占い」だ。

これは、「A型」「B型」「O型」「AB型」によって、性格が異なるという分類法だ。そこで今日は、営業に役立つタイプ別顧客の攻略法をわかりやすく解説する。



日本人は血液型占いが好きな人が多いが、残念ながら血液型と性格の関係は科学的には検証されていない。また、営業や商談などで、見込客に対して血液型を聞くことが難しい場面がほとんどだ。だから、実用的ではない。



では、見込客などのタイプを見極めるには、どのような方法があるのだろうか?

「その場で7割買われる秘密」の著者・古山正太さによれば、顧客のタイプは3種類に大別できると言う。古山さんは、実演販売士として「売れ残り品を50億円売り上げるセールストーク」を習得し、その後、セールスコピーライターに転身。独自の販売トーク術を活かした文章術で、業界平均10倍以上の反応率が続出。



そして、台本型セールススライド式セミナーを開発して、業界平均成約率20%のところ、平均成約率は86%の実績を誇る。に同メソッド実践者の8割が売上5倍、成約率8割を叩き出した。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Comments


bottom of page