凡人が経営センスを高める簡単な方法とは?(動画編)

最終更新: 2020年12月5日

世の中には、「商品開発のアイデアがポンポン出てくる人」「経営課題の解決策をあっという間に考える人」など、発想力の豊かな人がいます。 発想力とは、持って生まれた才能なのか、それとも後天的に獲得したスキルなのか? そこで今日は、どうしたら発想力が豊かになるのかをわかりやすく解説します。

世の中を見渡すと、素晴らしい発想でイノベーションを起こす人がいます。 Apple社の創業者「ステーブ・ジョブズ」は、私たちのライフスタイルを大きく変えるような画期的な商品を連発しました。

ジョブズを天才だと思っている人も多いことでしょう。 私もそう思います。 ですから、私たちがジョブズを目指すことはできても、ジョブズのような画期的な商品を開発することは大変に難しいと思います。

天才的な経営センスを持つ経営者に、「どうしたら、あなたのようになれるか?」と質問したところで、「これは才能だから、努力ではどうにもならない…」と言う人が多いのです。

では、私たち凡人でも、容易にアイデアを発想したり、経営センスを高めることはできるのでしょうか?

答えは「Yes」です。 経営コンサルタントの神田昌典さんによれば、大成功した経営者の共通点は、大量に本を読んでいるということだそうです。 ポイントは、大量に読むことです。 言われてみれば、ごく一部の経営者は、一ヶ月10冊以上の本を読んでいます。

さらに、ワクワク系マーケティングの小坂裕司さんによれば、感性(センス)は情報量に比例するそうです。 これは、感性工学の研究でわかってます。


続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

中小企業は頭を使え!頭を使う方法とは?(動画編)

中小企業は大企業に比べて、資本力に劣ります。これは紛れもない事実です。 また、社員の能力も大企業に比べると劣ります(中小企業のみなさん、ごめんなさい)。 いずれにせよ、大企業よりは大変不利な状況の中、経営を行っていかなければいけません。 ここで大切なことが頭を使うことです。 そこで今日は、中小企業がどうしたら頭を使ってアイデアを出るのかをわかりやすく解説します。 創業社長ならば、創業時のことを思い

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン