マーケティング3.0を実践していますか?(動画編)

最終更新: 5月25日

「マーケティング3.0という言葉を聞いたことはあるでしょうか? これはアメリカの経営学者フィリップ・コトラーが著書「コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則」で提唱した概念です。 今から10年も前のことです。 この概念が、中小企業にとってもようやく現実味を増してきました。



そこで今日は、マーケティング3.0についてわかりやすく解説します。

マーケティング3.0があるということは、マーケティング1.0や2.0も当然あります。 時代と共に、社会環境が変化すると共に、1.0から2.0に、2.0から3.0にバージョンアップしてきました。5.05.0がリリースされる予定ですが、日本企業の多くはいまだにマーケティング2.0から移行できていないという現実があります。

さて、マーケティング1.0から説明していきます。

マーケティング1.0は、製品を認知してもらい、大衆と呼ばれる一般消費者に販売することを目的としていました。 ですから、製品の機能的価値が重要視され、製品開発に力を注いだ時代です。 まさに、日本の戦後から高度成長期、そして、バブル期がマーケティング1.0の時代といえるでしょう。

「松下電器(現パナソニック)」「SONY」「TOYATA」「日清」など、家電や自動車などの分野で多くの大企業が誕生しました。


続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

新規顧客開拓2つの考え方!(動画編)

企業は、新規顧客を獲得する活動を止めて、 しばらく経過すると既存顧客も徐々に減少してきます。 どんなに付き合いが深い既存顧客も、 同業他社から強烈にセールスされればスイッチ(乗り換え)してしまうからです。 ですから、新規顧客の獲得を積極的に行わなければいけないのです。 そこで今日は、新顧客獲得の2つの考え方をわかりやすく解説します。 先日、新しいコンサルテイングメニューのランディングページの企画と