50歳以上で人生を変えたい人へ(動画編)

中小企業では、社員の高齢化が問題視されていますが、

定年退職を65歳に延長にしている会社も多くなってきました。 益々社員の平均年齢は上昇しそうです。

そこで今日は、高齢者のみを雇用している企業の考えをわかりやすく解説します。



大手企業は新卒を採用することができても、地方の中小企業は大変難しい状況です。

やはり、中途採用がメインとなってしまいます。

また、終身雇用がまかり通っている企業もあるので、

社員の高齢化は避けられません…。



積極的に高齢者を雇用している企業もありますが、

若手社員がメインで2~3割が高齢者といった社員構成になりますので、

やはり高齢者は若手のサポートといった感じになります。



さて、先日50歳以上の社員しかいない企業の存在を知りました。

社長は65歳を過ぎており、役員も60歳以上です。

そして、すべての社員は50歳以上ですから、超高齢企業ということです。 ■50歳以上しか採用しない会社の社長が言った「人生の変え方」

https://blog.tinect.jp/?p=11030



ここで素朴な疑問がわきます。なぜ50歳以上の社員しかいないのでしょうか?

答えは簡単です。50歳以上の人しか募集していないからです。

通常、50歳以上の社員を採用しても、簡単な仕事、若手社員のサポート業務、

経験が豊かであればシニアアドバイザーなどが考えられますが、

いずれにせよ会社に勤められるのは15年程度です…。



それでも50歳以上の人を採用するということは大きな理由があるはずです。

なんと、「50歳以上で人生を変えたいという人」だけを採用している会社なんです。

50歳以上で人生を変えるなんて、そう簡単にはできそうにありません。

ですが、この会社の社長は、人生を変えるなんて、

誰でも、いつでもできると豪語しています。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示