top of page

AIの導入でリストラが始まったアメリカ


アメリカ企業が人員削減に動いている。

2024年1月の人員削減は8万人を超えたという。景気の先行き不安を背景に、雇用や投資を成長分野に絞り、コストを削減する動きを強めている。そして、注目すべきは、人工知能(AI)活用の広がりも一因となったことだ。そこで今日は、AIがもたらす雇用への影響についてわかりやすく解説する。



アメリカの雇用調査会社チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマスが、2024年1月のアメリカ企業のレイオフのい状況をまとめた。これによると、2024年1月の人員削減は8万2307人と、前月比で約2.4倍に膨らんだ。10万人以上の削減となった2023年1月は超えなかったが、2年連続で削減幅は2009年1月以来の高水準だ。



業界別では、「金融」や「IT」で削減が大きかった。

削減の理由としては、「リストラ」や「コスト削減」「市場・景気の環境」や「閉店などの事業終了」が上位。AIに軸足を移す経営戦略の転換やAI導入を理由にした削減も381人分あった。



雇用調査会社のシニアバイスプレジデントによると、企業は人員削減の理由を、リストラやコスト削減と表現してAIを明言しない傾向があると指摘している。2024年1月のデータではAI失業は削減数全体の約0.5%に過ぎないが、実際にはもっと多い可能性があるという。2023年5月から2024年1月までの9ヶ月間でAIを理由にした削減は合計4,628人だ。



さらに、アメリカの就職支援サイト「レジュメ・ビルダー・ドット・コム」がアメリカの経営者750人を対象に行った調査で、2024年に「AI導入によるレイオフが起きる」と回答した割合は実に44%に上った。10社に4社以上がAI解雇を準備している計算になる。



一方で、96%の経営者が「AIのスキルや知識がある労働者が採用で有利だ」と回答した。

AI失業の拡大を防ぐためには、企業や政府が協力して労働者にリスキリングの機会を提供していくことが急務となっており、従業員に対してAIツールの活用方法を学べる訓練コースなどを提供している企業もある。



気になるのは、日本で同様の状況が起こりうるかについてだ。

これに関しては、日本独自の文化的かつ経済的背景が影響すると思われる。日本企業は一般的に終身雇用制度や内部育成に重きを置き、リストラに対して慎重な姿勢を取る傾向がある。しかし、グローバル競争の激化と技術進化に伴い、日本企業も変革を迫られているのいが現実だ。AI技術の導入は避けられない流れであり、これによる職種の変化や新しいスキル要求が予想される。これは明らかだ。



そのため、日本でも技術進化に伴う職業の変容が進む可能性があるが、日本特有の企業文化や雇用慣習、そして、労働者のリスキリングへの積極的な取り組みが、アメリカとは異なる形での変化をもたらすかもしれない。特に、AIやデジタル技術に対する理解と教育の普及、働き方の柔軟性への対応が、未来の労働市場の鍵を握るといっても過言ではない。



さらに、政府や企業による継続的な教育プログラムやリスキリングの機会提供が、労働者が技術進化に適応し、変化する職業環境において競争力を維持するためには重要だ。アメリカでは、経営者の44%がAI導入によるレイオフが起きると回答していることから、AIスキルを持つ労働者の需要は今後も高まるだろう。



このような状況に対応するため、日本では企業文化の柔軟性と政府の支援が、労働市場の安定と成長を支えるために不可欠となる。今のところ日本の中小企業で、AIの導入を真剣に考えている会社が稀だ。というのも、今のところAIなどなくてもまったく支障なく仕事ができているからだ。しかし、本番はこれからだ。




新人・若手営業マンのバイブル『60秒で学べる営業スキル大全集』発売中!

営業マンの課題を解決するトピックが360個あります。

ひとつのトピックは60秒以内で読むことができます。




●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:2回

Kommentare


bottom of page