top of page

AIを活用しての能力開発法!(動画編)

6月1日、棋士の藤井聡太さんが、史上最年少名人となった。

これで7冠達成だ。20歳10ヶ月での名人獲得は、1983年に谷川浩司17世名人が達成した21歳2ヶ月の最年少記録を40年ぶりに更新。また、7冠達成も羽生善治現九段が1996年2月に達成した25歳4ヶ月を上回った。そして、藤井聡太さんといえば「AI」だ。そこで今日は、藤井聡太に学ぶAIの活用法についてわかりやすく解説する。



テレビの報道などでご存知の方も多いと思うが、藤井さんがこれだけ活躍できる裏には、「AI」の力が大いに関与している。AIを活用した新しいタイプの棋士ということだ。元々の才能に加えて、AIを駆使するのだから、ライバル棋士はたまったものではない…。



今後はあらゆる分野でAIを活用して、自身の能力を異次元に高める人材が登場するだろう。藤井聡太7冠の登場は序章に過ぎない。その彼が使っているのが、将棋AI「dlshogi」。



「dlshogi」は、第32と第33回世界コンピュータ将棋選手権優勝、第1と第2回電竜戦チーム優勝の山岡忠夫さんによるディープラーニングベースの将棋AIのことだ。導入の難易度は高いとされており、必要ファイルと設定が多く、パソコンに慣れてない人には難しいそうだ。

では、藤井聡太7冠は「dlshogi」をどのように活用しているのだろうか?


続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:5回

コメント


bottom of page