top of page

ChatGPTはどの程度使われているのか?(動画編)

「ChatGPT」をはじめとする生成AIの導入が広がってきた。

事務作業はもちろんのこと、創造性や専門ノウハウを必要とする業務での活用も注目が集まっている。その一方で、情報漏洩リスクなどの課題も抱えている。そこで今日は、生成AIの活用実態についてわかりやすく解説する。



まずは、自治体の活用状況を調べてみると、神奈川県横須賀市や茨城県つくば市が全職員を対象に庁内の業務で活用を始めたほか、長野県や茨城県笠間市、神戸市などが試験導入に着手した。また、弊社所在地である新潟県は、6月8日現在、庁内での活用について前向きに検討していることを明らかにした。


ChatGPTの取り扱いルールや注意点などについて、検討や研究を始めたという。職員の業務効率化に向けた活用を想定している。これは氷山の一角であり、様々な自治体でChatGPTの導入が始まっている。民間企業に目を移してみよう。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学)をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:3回

Kommentare


bottom of page