SNSでマネタイズやってみました!(動画編)

昨年の12月18日、TikTokで私のフォロワーが30,000人を突破しました。それから1ヶ月の1月20日には35,700人を突破しました。フォロワーがここまで増えると、次に考えることはマネタイズできないかということです。そこで今日はTikTokのマネタイズについてわかりやすく解説します。



マネタイズ(monetize)は、「貨幣を鋳造する」「通貨を発行する」「資産などをお金に換える」といった意味ですが、そこから技術や知識などを収益化することを指すようになりました。マネタイズの方法を大きく分けると4種類あります。



まずは、「広告収入」を収益源とするモデルです。YouTube、InstagramなどのSNSが代表的なものです。2つ目は、「課金モデル」です。アプリやサービスの特定の機能を利用する際に課金するモデルです。オンライサロンやソーシャルゲームのアプリ内課金が代表的なものです。



3つ目は、「ECモデル」です。ECモデルは、ECサイトには自社製品やサービスを販売する直営ECサイトのほか、事業者にECの機能を提供するサイトがあります。代表的なものに、Amazon、楽天、BASE、STORESなどがあります。



そして4つ目は、「仲介モデル」です。エンドユーザーと売り手を結びつけるマッチングのプラットフォームを提供し、仲介料が運営者の収益となります。フリマや不動産仲介などが代表的なものです。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:5回