会社を崩壊させる恐怖のマニュアルとは?


組織は一旦ネガティブな方向に動き始めると、崩壊するのはあっという間です。

組織が崩壊するのは、外圧ではなく内部に原因があることがほとんどです。

そこで今日は、会社を崩壊させる原因についてわかりやすく解説します。 



先日、恐ろしい本の存在を知りました。

その本のタイトルは「サボタージュ・マニュアル」です。

サブタイトルは「諜報活動が照らす組織経営の本質」ですから、

てっきり学術書かと思いましたが・・・


実は、アメリカCIAの前身に当たる、第二次世界大戦中に活躍した諜報機関

OSS(Office of Strategic Services)が作成した諜報員(ちょうほういん)向け

マニュアルです。

つまり、スパイ向けのマニュアルということです。



肝心の内容ですが、組織を破壊するための妨害工作について書かれた機密文書です。

わかりやすく言うと、敵の組織に潜入して、その組織を崩壊させるための方策が

書かれている恐ろしいマニュアルです。

こんなものが公開されて、書籍化されていること自体がなぞですが、

第二次世界大戦中のことですから時効ということなんでしょうか? 



そして、おもしろいのが、この本で紹介されている妨害工作の一部が、

日本の企業でよく行われていることなんです。

特に「業績が悪い」「社風が悪い」「離職率が高い」などの企業には

当てはまります。



たとえば…

========================================

■どんなことも決められた手続き通りに進める

■指示は口頭ではなく文書で出すようにする

■ペーパーワークや手続きをなるべく増やす

■会議はできるだけ大人数で行う

■一度決まったことを再度持ち出して検討する

■仕事のできない者を昇進させ、できる者を冷遇する

■一人の許可でいいものもすべて3人の承認が必要にする

■関係ない問題をできるだけ頻繁に持ち出す

■指示を誤解して、指示について延々と質問をするか、

 長々しいやりとりに引き込む

■仕事の割り当ては、重要でない業務から最初に割り振る

■新人を訓練する時は不完全な指示か誤解を招く指示を与える

=========================================



どうですか、身に覚えはありませんか?

会社を崩壊させようなんていう気はこれっぽっちもないのに、

このようなことを無意識のうちにやっていませんか?

会社を良くしようとやっていることが、実は、会社を崩壊させる一助に

なっているなんてこともあるわけです。特に日本の会社は…。



では、どうしたらいいのでしょうか?

サボタージュ・マニュアルに書かれていることと逆のことをやればいいわけです!

非常に簡単なロジックです。

こんな本も出版されています。

====================================================

アンチ・サボタージュ・マニュアル 職場防衛篇 組織を破壊から守る9の戦術

====================================================



スパイマニュアルである「サボタージュ・マニュアル」は

組織を崩壊させるためにありますが、これは、組織崩壊に至らせる戦術を見破り、

その影響力を減じさせるため逆提案マニュアルです。

同じ出版社から発売されていますので、

最初から両方とも出版予定だったのかもしれません…。



いずれにせよ、どうしたら組織が崩壊するのかを知り、

それを阻止することは重要です。

経営者なら知っておいて損はありません。




●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:15回