早わかり「心理的安全性」とは?

ここ数年、「心理的安全性」という言葉を聞くようになりました。

文字面から漠然と意味は理解できますが、正確な意味を知っている人は少ないかもしれません。



そこで今日は、心理的安全性についてわかりやすく解説します。



心理的安全性とは、職場で誰に何を言っても、どのような指摘をしても、拒絶されることがなく、罰せられる心配もない状態のことをいいます。 ただし、仲のいい状態、ざっくばらんに冗談を言い合えるような状態とは少し異なります。

心理的安全性が言われるようになった背景には、イノベーションや生産性の向上があげられます。



組織にイノベーションを起こすには、慣習を否定する発言、組織文化と真っ向から対立する発言も必要です。

このような発言があっても、拒絶されず、評価が下がらない場を作らることが重要です。

安心して誰に対しても発言することができる状態が、心理的安全性の意味するところです。

ですが日本の中小企業を見渡しても、このような組織は滅多にありません。

大胆なイノベーションが起こらない原因のひとつが、心理的安全性かもしれません。



私は、経営者団体の新潟県中小企業家同友会に入会して18年目になります。

昨年、入会30年以上の大先輩の経営者の話を伺う機会がありました。

話の中で良い会社とはという議論がありました。

この大先輩曰く、良い会社とは、「地位、年齢、経験に関わらず、誰にでも質問ができたり、意見を言い合える会社だ!」とおっしゃっていたのが大変印象的でした。

それで思い出したのが「心理的安全性」という言葉たったのです



株式会社ZENTech取締役の石井遼祐(いしい・りょうすけ)さんによれば、日本の組織における心理的安全性は、4つの因子から構成されていて、その4つとは「話しやすさ」「助け合い」「挑戦」「新奇歓迎」 だそうです。

具体的には下記の通りです。

===========================

①話しやすさ…何を言っても大丈夫

②助け合い……困った時はお互い様

③挑戦…………とりあえずやってみよう

④新奇歓迎……異能、どんどん来い

===========================



この中で石井さんは、心理的安全性が高い組織の特徴として、たとえば、転職直後に会社に対する意見を求められても、的を得た意見を言うことは大変難しいと思われますが、心理的安全性が高い組織は、上司が「的外れでもいいから、どんどん意見を言ってくれ」と肯定的に受け入れる姿勢を持ってくれるそうです。



実際に、的はずれな意見を言った場合も「それは、〇〇〇という経緯であって今の形ができているんだ。

しかし、今後も何か感じたらどんどん意見してほしい」と、言ってくれます。

このような組織が、心理的安全性が高い組織と言えます。

注意点とはしては、心理的安全性を高めることを意識し過ぎると、部下の意見に対してすべてを肯定する場合があります。

これは危険です。



本心では良いとは思っていないのに口先だけで褒めても、部下は「なんか胡散臭い。適当に褒めているだけでしょ?」と感じ、あて不信感が募ってしまいます。

逆効果になるというわけです。

変化の激しい時代ですから、現場の様々な声を聞くことがことさら大切です。



では、どうしたら心理的安全性を高められるのでしょうか?

石井さん曰く、経営者が変わることです。

まずは、心理的安全性を理解している仲間を社内につくること、社内で心理的安全性の宣言をすること、そして実際の行動をすることが効果的だそうです。


この記事はBIZHINT『経営者こそ知っておきたい、強い組織・チームづくりのための「心理的安全性」』を参照にしました。



●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

営業成績を伸ばす手っ取り早い方法!(動画編)

「営業力とは何か?」と、質問されて即座に答えられる人は稀でしょう。 そこで今日は、営業力についてわかりやすく解説します。 営業に関わらず仕事は何でもそうですが、「量」と「質」があります。 営業力とはズバリ「営業量×営業の質」です。 これに異論を唱える人はいないでしょう。 早い話が、営業量を増やせば営業成績は伸びます。 また、営業の質を上げれば、同じく営業成績は伸びます。 さらに、営業量と営業の質の