名刺は誰のものですか?個人のものではありません!

先日、名刺管理アプリ「Eight(エイト)」のオンラインセミナーを受講しました。

「名刺管理アプリはEight」と言われるくらい、この分野では有名です。

私はEightを5年程前から使っていますが、それ以来一切、名刺フォルダーなどでの管理はやめました。 名刺の数が増えてくると嵩張りますし、なによりもお目当ての名刺を探すのに一苦労します。 また、社外にいる時に名刺情報を知りたいと思っても、どうしようもありません。

ところが、Eightのようなクラウド管理であれば、スマホさえあれば社外にいようと、海外にいようと名刺情報を入手することが可能です。 これにより、大変な効率化が図れました。 そして、なにより便利な機能として、名刺情報をCVSファイルでエクスポートすることができます。本当に助かっています。

Eightは無料版と有料版がありますが、私は有料版を使っています。 現在、1700枚程の名刺が保存されています。 会社名での検索、名前での検索などができるので、なんらかの情報さえあれば、お目当ての人を簡単に検索できます。 会社名を忘れても、名前を憶えていれば検索できます。 その逆もOKです。 また、各名刺にはラベルをつけることができます。 たとえば、「経営者団体」「取引先」「顧客」などのラベルをつけることにより、カテゴリーに分類することも可能です。

そのほか、同じ人の過去の名刺も保存しておくことができます。 さて、冒頭のEightのオンラインセミナーですが、「営業のパフォーマンスを向上させる名刺の活用戦略とは」というテーマでした。 私はEightのユーザーだったので、特に目新しいことはありませんでしたが、面白いデータを紹介していました。



日本の企業で、社員1人当りが所有している名刺の平均枚数は614枚だそうです。 私は3000人以上と名刺交換しましたが、経営者であり、営業マンであるからです。 また、経営者団体や異業種交流会にも参加しているので、必然的に名刺交換の回数が増えます。

企業には様々な職種の人がいるので、平均614枚は多いなと思いました。 ですから、社員50人の企業が所有している名刺の数は、614人×50枚=30700枚になります。 もちろん、重複している名刺もあるでしょうから、実際にはもっと少なくなります。

また、45%のビジネスマンは名刺を個人で管理しているそうです。 ファイル、エクセル、アプリなどでの管理です。 注目すべきは、33%のビジネスマンは名刺を管理していないそうです。 管理をしていないということは、名刺交換したら自分のデスクの引き出しに入れたり、ファイルに収めても五十音順にはなっていないということです。

よく考えてみれば、名刺交換の方法は教えてもらっても、名刺管理の方法まで教えてもらっていません。

ですから、個人任せになるのです…。

さらに、顧客情報のうち40客様の状況がわからないのが実態だそうです。 名刺交換をしたのはいいが、その後その人が、「部署移動になった」「転勤した」「昇進した」「退職した」というような状況が不明だということです。 これは、完全にコミュニケーション不足です。

このように、日本の名刺交換文化は有効なように思われますが、名刺交換後は大変ずさんです。 相手の情報を入手できる名刺交換なのに、活かしきれていないのが現状です。 名刺交換後の管理とコニュニケーションのルールを決めて、組織的にやることで名刺情報を活かすことができます。

ほとんどのビジネスマンは自覚がないかもしれませんが、名刺は個人の資産ではなく会社の資産です。これを忘れないでくださいね。



●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


最新記事

すべて表示

極限状態で、チームを維持するリーダーとは?(動画編)

1907年、シャクルトンと3人の隊員は探検史上最も極点へ接近し、最南端到達の新記録である南緯88度、南極点までわずか180kmの地点に到達しました。 また、ほかの隊員が南極で最も活発な火山であるエレバス山への登山を行った功績により、エドワード7世からナイトに叙せられたそうです。 残念ながら南極点到達のレースは、1911年にロアール・アムンセンの成功により終了すると、シャクルトンは南極点経由の南極大

後継社長、二代目社長が業績を伸ばす3つの方策?(動画編)

創業社長は、エネルギッシュでカリスマ性のある人が多いというのが私の印象です。 今までに7000回以上の業績向上に関するコンサルティングを行いましたが、初対面で「この人は創業社長だ!」と、おおよそわかります。 その判断基準は、顔つきや態度です。 自分1人で意思決定をしてきたという厳しさが、態度や言葉の端々に現れます。 一方、後継社長や二代目社長は、見るからにソフトな雰囲気で、インテリジェンスを感じさ

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン