top of page

目標未達の原因は因果関係が逆だから!(動画編)

株式会社北の達人コーポレーションの代表取締役兼WEBマーケッターの木下勝寿さんをご存知だろうか?北の国コーポレーションは、東証プライムに上場している、今、注目の企業だ。そして、木下さんのビジネスに於ける考え方が素晴らしい!そこで今日は、木下勝寿さんのビジネス哲学についてわかりやすく仮説する。



木下さんを有名にしたのは、何と言ってもその著書だ。著作累計は20万部、最新刊「時間最短化、成果最大化の法則」は昨年出版された本で私はベスト1だと思っている。本当に素晴らしい内容だった。しかも、データに裏付けされており、誰がやっても上手くいきそうで再現性も高い。



その木下さんが、X(旧Twitter)でとんでもなく素晴らしい投稿をしていた。この投稿には、「マッカリーナの花」というタイトルがつけられている。「マッカリーナ」とは、洞爺湖サミットの世界のファーストレディのランチ会場に選ばれ、現在は予約の取れない人気店として有名なレストランだ。



そして、マッカリーナは、「たとえお客さんが一人も来なくても、テーブルの花は毎日新鮮な花に差し替えよう」というルールをずっと守っている。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Commentaires


bottom of page