top of page

衰退産業のブルーオーシャン戦略!(動画編)

最近ではめっきり聞かなくなりましたが、「ブルーオーシャン戦略」という言葉があります。ブルー・オーシャン戦略とは、従来存在しなかったまったく新しい市場を生み出すことで、新領域に事業を展開していく戦略のことです。



新市場を創造することにより、他社と競合することなく事業を展開することが可能になるのが最大の特徴ですこの概念は、W・チャン・キムとレネ・モボルニュによって提唱されました。そこで今日は、衰退産業のブルーオーシャン戦略についてわかりやすく解説します。



今から16年前に「ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する」という本が出版されました。これは前述のW・チャン・キムとレネ・モボルニュの共著です。当時、大ヒットしてブルーオーシャン戦略という言葉はビジネスの現場で当たり前のように使われるようになりました。



また、ブルーオーシャン戦略のわかりやすい事例として、「シルク・ドゥ・ソレイユ」「QBハウス」「イエローテイル」「Wii」「ワークマン」などが代表的な事業や商品です。



ブルーオーシャン戦略の真逆であるレッドオーシャン、つまり、競合が数多く血みどろの戦いをおこなっている分野に「書店」があります。リアル書店は、アマゾンをはじめとしたネット書店に市場からはじき出されようとしています。また、差別化が難しい業種でもあります。



ここで注目してほしいのが、堀江貴文さんの「やりきる力」に紹介されているブルーオーシャン戦略の事例です。堀江さんの手掛けている「SHIBUYA PUBLISHING&BOOK SELLER

S」というリアル店舗あります。内装は徹底的にハイセンスにこだわり、カルチャーやビジネスなど、多彩な分野の先端を捉えた新刊を揃えている書店です。蔦屋書店などよりも少し早く開業した、おしゃれ書店の先駆け的存在です。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page