top of page

Googleとダイレクトメールの関係(動画編)

あなたは「ダイレクト出版」という企業をご存知だろうか?年商約100億円のビジネス書の出版やセミナーを開催する企業だ。創業十数年、ネット営業のみで年商約100億円は凄い。ダイレクト出版といえば、「メールマガジン」による情報提供が有名だ。1日に何通ものメールマガジンを配信しているが、先日、「Googleの意外な顧客獲得法」という内容のメールマガジンが配信された。そこで今日は、Googleの顧客獲得法についてわかりやすく解説する。



グーグルといえば、「Google検索」「Google Map」「Gmail」「スプレットシート」などが有名なサービスだが、これは無料で使うことができる。ありがたいサービスだ。ここで素朴な疑問が浮かぶ。Googleは何で利益を創出しているのだろうかと。Googleのメイン収益源は、広告収入だ。リスティング広告と言われるもので、企業に広告を出稿してもらい、その広告費が収入源ということだ。そして、広告を出稿するのは、個人ではなく法人ということになる。つまり、ビジネスユースだ。



ということは、どんなにGoogleの検索を利用するユーザーが増えたとしても、それでは収入が増えない。法人の顧客を獲得して、広告を出稿してもらわない限り、ビジネスとしては成り立たない。



では、Googleはどのようにして法人顧客を増やしているのだろうか?

この話を聞いた時、私は一発でわかった。意外な方法で法人顧客を開拓しているからだ。参考までにYahoo!のリスティング広告の法人顧客獲得の手法は、営業マンが法人に対して提案営業をしている。しかし、Googleはそのようなことは行っていない。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓


●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:5回

Comments


bottom of page