top of page

要注意!ネットならではの迷惑営業に巻き込まれた(動画編)

世の中には、人を困らせることが好きな人がいる。

何がおもしろいのかわからないが、明らかに犯罪だと思われるものから犯罪スレスレのものまでが、ネット上には溢れている。そこで今日は、ネット上での迷惑営業についてわかりやすく解説する。



ネット上の犯罪で代表的なものは、ネットショップで購入して代金を支払ったにもかかわらず、商品が届かないという詐欺。また、購入後にクーリングオフをしようと思ったら、すでにその連絡先に会社がないなど、これは大掛かりな犯罪だ。



このような被害は、消費者センターに届け出たり、テレビで取り上げられたりするので、事件が解決したしないにかかわらず抑止力にはなる。しかし、現実はイタチごっこだ。コンピュータウィルスとセキュリティソフトの関係に似ている。ウイルス感染しないソフトが開発されるが、さらのその上をいくウイルスも開発される…。



恐らく、ネット上の犯罪や犯罪もどきに関しては、金銭の授受がなく、大した被害がなければ届け出る人は稀だ。ここで私の体験をお伝えする。



昨年の12月30日、弊社ホームページの問い合わせフォーム経由で経営相談があった。

大阪のある企業からで、会社名、役職名、名前、メールアドレス、問い合わせ内容はもちろんのこと、固定電話、直通の携帯電話まで明記してあった。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page