top of page

オンラインでも全米トップの成績!その秘密は?(動画編)

更新日:2021年4月29日

「オンラインでは伝わらない…」。 この台詞は聞き飽きるほど聞きました! ですが、本当に伝わらないのでしょうか?



そこで今日は、オンラインは本当に伝わらないのかわかりやすく解説します。



先日、「オンラインなのに全米トップの進学校、日本人校長がめざす「生き抜く力」の養成」という記事を読みました。

ニュースイッチというサイトに掲載されていす。

======================

======================



この記事によれば、昨年3月に緊急事態宣言が発出され、臨時休校になった小中学校も多くありました。

当時の文部科学省の調査では、臨時休校を実施または実施予定の自治体のうち、同時双方向型のオンライン授業を提供すると回答した自治体は約5%にとどまったそうです。 また、日本は授業中のデジタル機器の利用時間はOECD加盟国中最下位という調査結果もあります…。

ただし、闇雲にデジタル機器を使ったり、オンライン授業にすればいいということではありません。

その理由は、オンライン授業では「先生が生徒の理解度を把握しにくい…」「生徒同士のコミュニケーションがとりにくい…」といった課題も指摘されているからです。



このような不安に対して一石投じたのが、「スタンフォード大学・オンラインハイスクール」です。

スタンフォード大学オンラインハイスクールは、すべてオンラインで授業や課外活動を行う中高一貫校です。

スタンフォード大学オンラインハイスクールは、2000年代中半に開校して、アメリカをはじめ世界各国の中学1年から高校3年までの生徒が在籍しています。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Comments


bottom of page